健康な方が治験に参加するメリット・デメリット

HOME > ボランティアご希望の皆様へ > 健康な方が治験に参加するメリット・デメリット

< メリット >

  1. 無料で詳しい健康診断が受けられること
    治験中は、定期的に詳細な検査・診察が行われます。普段、病院や健康診断に行かれない方も自分の健康状態を知ることができます。
  2. 一定の基準に沿った負担軽減費が提供されること
    治験実施に際して、入院・通院や検査および日常生活上のきまりを守るといったご協力に対して、一定の基準に従って負担軽減費が支払われます。
  3. 次世代に新薬を残すという形で社会貢献ができること
    治験は、新しい薬を世に送るために必要です。治験に参加することは、新しい薬で誰かを支えることにつながり、社会に貢献することができます。

< デメリット >

  1. 健康な方にとって治療上のメリットはないこと
    お薬は疾患を治療するためのものであり、健康な方には治療の必要がないことから、治療上のメリットはありません。
  2. 副作用が生じる可能性があること
    治験は、少ない量から順次増量していくなど、副作用が起こる可能性をできるだけ少なくするように配慮され、計画されています。しかし、万一何らかの症状または体調の変化がみられる場合がないとは言えません。その際には、医師が適切な対処を施します。
  3. 治験実施に際して入院・通院や検査などの負担が生じること
    治験実施に際して入院・通院や検査および日常生活上のきまりを守るといったご負担が生じます。