照合センター

HOME > 被験者照合システム > 照合センターについて

照合センターについて

 
「照合センター」では「被験者照合システム」を導入し、運営・管理を行っております。臨試協に加盟している機関及び本システム利用会員ごとに登録されている被験者に重複がないか、休薬期間が適切に守られているかを管理しております。
 
1名の被験者を1機関にのみ登録することにより、他施設での重複参加防止が可能となります。しかしながら、本システムで管理できる範囲は臨試協に登録されている機関で実施される治験に限られます。
 
従って、治験協力費を得ることのみを目的として治験に参加する被験者には、意識的に臨試協加盟機関と非加盟機関を使い分けて両者で実施される治験に参加する場合があります。薬の飲み合わせ(専門用語では薬物相互作用)などが分かっていない場合など、健康に何らかの影響が現れる可能性があります。
被験者となる皆様にはご自身の健康管理のためにも、こうした重複参加をさけるようお願い申し上げます。
 
臨試協非加盟の機関の皆様には、被験者の健康管理のために、臨試協への加盟をお願い申し上げます。
 
また、治験を依頼する製薬企業の皆様におかれましては、臨試協非加盟機関の皆様が臨試協に加盟いただくようご協力をお願いいたします。
 
日本の健康成人を対象としたいわゆる第Ⅰ相臨床試験を含む臨床薬理試験は、臨試協加盟各機関の試験運営に対する質的向上の努力と、この被験者照合システムの適正運用により、世界的にも高水準の治験が実施されていると考えております。 
 
このような環境を維持するためにも、治験に関係するあらゆる方々に臨試協の活動をご理解頂き、ご協力頂けるようお願い申し上げます。